実践総合農学会  
 

home  |  お問い合わせ

 

- -  活動案内 - - - - - - - -

    会長の挨拶
    学会の目的
    活動概要
    役員
    出版物
    ニュースレター
   ● 関連リンク

  入会案内

  学会誌のねらいと構成

  学術論文投稿規定

 ● 投稿原稿執筆要領

 ● 投稿票



   

   学会設立の経過について

 


実践総合農学会 設立世話人会 
 

   実践総合農学会を立ち上げるきっかけとなりましたのは,前大日本農会会長・前日本農業普及学会会長でありました山極栄司先生,東京大学名誉教授で作物学の山崎耕宇先生,東京農工大学名誉教授で作物学の石原邦先生,東京農業大学理事長で農業経営学の松田藤四郎先生,独立行政法人農業環境技術研究所理事長で地球環境問題の陽捷之先生,そして東京農業大学学長で造園学の進士五十八先生が集まりまして,現代の複雑な「食料・農業・環境問題」をいかにして解決していったらよいかという数年前からの論議でした。
   この論議の中から,農業・農村が果たす役割の重要性,さらには農学の素晴らしさ,重要性,そして領域の広さを,研究者だけでなく生産者,消費者そして関連企業に広く発信したいという願いが生まれてきました。
   そのためには,研究者中心の従来型の学会ではなく,「食料・農業・環境」に関わる,あるいは興味がある多くの方々の英知を結集できる新たな学会組織が必要であるという結論になりました。こうした議論の中に,私達のような中堅の研究者も世話人として参加しながら新しい学会のコンセプトをほぼ2年間かけて固めてきました。
   このようなプロセスを経てまとめ上げました新学会のコンセプトは,次の4つに整理することが出来ます。第1は学会の目標です。本学会の目標は、「地球上の人類やその他の生命体の持続的な繁栄を疎外する困難な問題の解決を目指す、新しい実践的・総合的な農学の構築を目指す」ことにあります。第2は「研究対象が農業生産に関わる技術,経営,経済,人類やその他の生命体を支える環境、あるいは人類の健康を支える食料や栄養,持続的な資源エネルギーの生産と利活用、そして人々の生活や文化」です。
   このように食と農と環境に関わる多面的な問題を扱うのが本学会のひとつの大きな特徴です。さらに第3として、本学会を構成するのは決して専門分野の研究者だけではなく,多くの人々に参加していただき,その英知を結集して複雑な農業・農村問題あるいは環境問題の解決に挑戦していきたいと考えております。最後に第4としまして,本学会の研究成果は出来るだけ広くかつ多くの人々に発信するため,従来の学会のように専門的な研究論文だけで学会誌の誌面を構成するのではなく,社会が求める情報をタイムリーかつ的確に伝えられる学会誌にしたいと考えております。
   このような考え方に基づき,実践総合農学会設立のための活動を展開して参りました。幸いにもこの趣旨に賛同いただきまして、各界600名の方々に本学会の設立に発起人として参加してもらうことが出来ました。このように多くの方々から実践総合農学会の設立に関して賛同が得られたということで、私たちは本日実践総合農学会を立ち上げることにしました。
   
   

Copyright © 2005 SPIA All rights reserved. email to monma@nodai.ac.jp

〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1 東京農業大学総合研究所 実践総合農学会

Tel 03-5477-2734 Fax 03-5477-2734